お役立ち

北朝鮮ミサイルが日本に落ちたら避難はどこが正解?生き残るにはコレ

Pocket

日本は平和だなんだということがテレビやニュースでよく報じられる近年。

確かに戦争から長い年月が経ち、生きていて命の危険にさらされるということは日本では少なくなったのは事実。

平和なことはもちろん素晴らしいことなのですが、平和ボケせずに気を引き締めて行きたいところです。

 

そんな中、北朝鮮が連日のようにミサイルの発射実験を行っています。

もうこのニュースは何度見たかわかりませんね。

もちろん、北朝鮮側にも何か思惑があってミサイルの発射実験を行っているのでしょうが万が一日本に落ちたら・・・そう考えるだけでもゾッとします。

 

しかも北朝鮮は戦争が起きた際に

「戦争が起きれば日本が一番被害を受ける」

と警鐘を鳴らしています。

威嚇の意味あいが強そうですが、本当なら怖い話です。

 

今回は北朝鮮のミサイルが日本に落ちたときにはどこに避難するのが正解なのか?

気になったので調べてみました!

 

スポンサードリンク

 

北朝鮮からミサイルは察知できるの?

北朝鮮のミサイルが日本に落ちたら避難はどこが正解ということですが、そもそも北朝鮮からミサイルが発射された時点で何か警報などはあるのでしょうか?

 

実は、ミサイルの危険が察知できた場合にある警報音がテレビやラジオや町中から流れるそうです。

その名前は「Jアラート」

 

まずはJアラートがどんなものなのか聞いてもらうのが早いと思います。

 

注意・パソコンやスマホで見ている方は、周りの人にJアラートによる誤解をされないように音量を調整して聞いてください。

冗談でスマホの着信音などにしているという方も一部おられるそうですが、自分だけでなく周りの方に思わぬ誤解を招きかねないので、絶対にやめましょう!

 

ただ、このJアラートは個人的になんとなくファミコンの「ゴルフ」というゲームの音に近いものを感じます。

 

このJアラートの音が聞こえたら

「早かれ遅かれどこかにミサイルが落ちる!」

ということですので、全力で逃げるようにしてください。

ミサイルがどこに落ちるかはわからないので難しいとは思いますが、逃げるという行為自体が生存率を上げます。

 

ただ、残念なことにJアラートが報じられてからどのくらいでミサイルが落ちるのかというと

「最短で5分~8分程度」

とかなり短い時間です。

なので耳にした瞬間に行動を開始することが大事ですね。

 

 

ミサイルが日本に落ちた場合はどこに避難するのが正解?

では本題に。

北朝鮮がミサイルを発射し日本に落ちた場合はどこに避難するのが一番正解なのでしょうか。

 

高層ビル?

押し入れ?

 

そんなものではミサイルが落ちたら一たまりがありませんね。

ではどこに避難するのが一番正解なのかというと

「地下」

になります。

 

その理由は沢山あるので1つづつ触れていきます。

 

ミサイルが日本に落ちたら地下に避難する理由1

「単純に外にいるのは危ないから」

これに尽きます。

 

北朝鮮のミサイルが近くに落ちた場合、爆破に巻き込まれなかったとしても爆風が広範囲に押し寄せます。

するとビルの窓ガラスが瞬く間に頭上に降り注ぐことになりますよね。

 

もし大量のガラスが降ってきたら・・・無傷でいられると思いますか?

ということで、北朝鮮のミサイルが日本に落ちたら地下に逃げ込むようにしましょう!

 

ミサイルが日本に落ちたら地下に避難する理由2

「北陽線のミサイルを迎撃した場合、その破片が降ってくる可能性がある」

 

ミサイルといえど、ほぼ鉄の塊。

万が一、日本がミサイルが落ちる前に空中で迎撃した場合には多くのミサイルの破片が空中にまき散らされることになります。

破片とはいえ、重いものから軽いものまであるはず。

重い鉄の塊が空から降ってきたら安全とは程遠いですよね。

 

なので、地下に逃げ込むようにしたいところです。

 

ミサイルが日本に落ちたら地下に避難する理由3

「建物に入った場合でも建物ごと吹っ飛ぶ可能性がある」

 

ミサイルが日本に落ちたときに怖いのは、爆発した時。

落下地点から広範囲にわたってすべてのものを吹き飛ばします。

Jアラートを聞いたときに外にいて、建物内に避難しても建物自体が爆発に巻き込まれたら一緒に吹き飛ぶことになります。

その際はビルや建物の瓦礫の下敷きになる形になります。

果たしてその状況で生き残る自信はありますか?

 

ちなみに北朝鮮が核ミサイルを発射し、日本に落ちた場合を想定した動画があるのでチェックしておくのがいいですよ!

 

 

ミサイルが日本に落ちたら避難するにはここがおススメ!

続いては、北朝鮮のミサイルが日本に落ちたらここに避難するのがおススメ!

という場所をご紹介します。

これで生き残る確率がグッと上がりますよ!

 

ミサイルが日本に落ちたらここに避難しろ!1

「地下鉄」

 

まず地下といって真っ先に思い浮かぶのは、文字通り地下鉄ですよね。

地下鉄は地下10メートル以上ある場合が多く、そこまで北朝鮮のミサイルの影響が及ぶ確率は低くなります。

調べてみると、北朝鮮のミサイルが核ミサイルだった場合は最大でも地下15メートルまでにしかならないそうです。

 

最も、核ミサイルを撃つということは北朝鮮が世界中を敵に回すことになり、国家の存続も危うくなるためかなり確率は低いと思いますが・・・。

 

ミサイルが日本に落ちたらここに避難しろ!2

「地下駐車場」

 

地方だから地下鉄なんてないよ!

という方も多いかと思います。

確かに地下鉄は都心部に集まっています。

 

ですが、地下の施設は意外とあったりするんです。

それは、ショッピングモール等の地下駐車場!

 

とはいえ、地下駐車場もそこまで深い位置にはないのですが地上にいるよりは避難した方が生存率が

上がるのは間違いないです。

 

ミサイルが日本に落ちたらここに避難しろ!3

「地下のフロア」

 

これも上の地下駐車場に近いものですが、ショッピングモールなどでは地下数階まである施設も多いです。

それを利用して、地下の階まで避難しましょう。

 

地下2階以上であれば、地上から15mほどあるので生存率はかなり上がるといえます。

 

スポンサードリンク

 

北朝鮮のミサイルが日本に落ちる前に迎撃できるの?

スポンサードリンク

続いては、北朝鮮のミサイルが日本に落ちる前に迎撃できるのかどうか?

というもの。

 

ミサイルが日本に落ちる前に迎撃できれば、最悪の被害は免れることができそうですよね。

どんな感じなのでしょうか。

 

そもそも北朝鮮は

「今からミサイルを日本に撃ちますよ~!」

なんて、のんきに発表はしません。

いつだって日本には不意打ちの状態です。

 

しかし、日本のミサイル迎撃技術は世界でも屈指とされています。

特に、日本海に配備されているイージス艦がミサイルを察知した際に

「SM3」

というミサイルを撃ち、北朝鮮のミサイルを大気圏上で迎撃!

 

万が一、撃ち落とせなかった場合は本州に配備されている

「PAC3」

というミサイルで日本に落ちることなく迎撃できるとされています。

 

これは嬉しいですね!

ちょっと安心しました(笑)

 

ですが!

 

近年、北朝鮮のミサイルの開発力はグングン増していて迎撃をしにくいミサイルの発射方法が取れるようになったとのこと。

どんな感じなのかというと、北朝鮮のミサイルをかなり急角度で発射!

日本がミサイルを迎撃できる高さを超えるところまで上昇し、一気に急角度で落下!

 

この北朝鮮のミサイルの発射方法はかなり迎撃が難しいとされています。

 

もちろん、日本もミサイルでの迎撃技術は増していますがそもそも迎撃という事自体が後手であり、困難なこと。

期待したいのは、アメリカなどの抑止力が一番とされています。

 

 

そもそも北朝鮮のミサイルは日本のどこに落とす可能性が高い?

北朝鮮のミサイルが日本に落ちるとなると、一体どこに落とす可能性が高いのでしょうか?

 

これは諸説ありますが、一番有力視されているのは

「アメリカ軍のいる基地」

ということ。

 

アメリカは世界の警察と言われるほど力を持っています。

何か有事の際は、日本と関係の深いアメリカも動くのは想像に難しくないですよね。

 

ならば、ミサイルを日本に落とすならアメリカ軍のいる基地!

という事になるようです。

 

現在、その中でもここにミサイルが落とされるのではないか?

とされている基地があり

  • 青森県「三沢空軍基地」
  • 東京都「横田空軍基地」
  • 神奈川県「横須賀海軍基地」
  • 神奈川県「厚木海軍飛行場」
  • 山口県「岩国兵隊基地」
  • 長崎県「佐世保基地」
  • 沖縄県「嘉手納基地」
  • 沖縄県「普天間基地」

です。

なぜこのこれらなのかというと、アメリカ空軍や自衛隊がいるからです。

北朝鮮への陸路は無いので、戦闘機での出撃になるのでこうした飛行場が狙われるのはある意味必然かもしれませんね。

 

 

北朝鮮のミサイルは都心部に落ちることもある?

上で、アメリカ空軍や自衛隊が駐在している施設に北陽線のミサイルが落ちる可能性があるとされていますが他の場所ではどうでしょうか?

 

そもそもミサイルを落とすのであれば、被害がないところに落としても北朝鮮にメリットは少ないので必然的に人口が多い地域になると思われます。

 

そうなると、人口の多い都市

  • 東京都
  • 横浜市
  • 大阪市
  • 名古屋市
  • 札幌市
  • 福岡市

辺りは人口が日本の中の上位なので、こちらにミサイルを落とすのではないか?

という説もあるようです。

これもあくまで一説にすぎません。

 

実際に北朝鮮のミサイルが日本に落ちる場合はその時にしかわからないというのが実情のようです。

 

 

北朝鮮のミサイルが日本に落ちても日本は何も抵抗しない!?

北朝鮮のミサイルが日本に落ちないに越したことはないですが、万が一日本に落ちた場合。

日本政府はどのような対応をするのでしょうか?

 

アメリカであれば、やられたらやり返す精神なのでそのまま北朝鮮に戦争を仕掛ける形になるかと思いますが日本の場合は

「これと言って何もしないのでは?」

と言われています。

 

日本政府は極度の「事なかれ主義」

ミサイルが日本に落ちて、何か被害があっても

「強い遺憾の意を示す」

という言葉くらいで終わるのではないか?

といった意見がネットで見られました。

 

確かにやられたらやり返すとなると、相手にも死傷者が多く出ることになります。

そうなると、一件が終了した際に保証や責任などが強く求められるのは間違いないでしょう。

もしかすると、その際に責任者が辞職するということにもなる可能性が。

となれば、日本側は直接的な制裁ではなく

  • 北朝鮮への経済制裁
  • 国連への非難声明を挙げる

このあたりの対応になるのではないか?

という気がします。

 

また、日本とつながりの深いアメリカ側も同様のことが言えますし

そもそも日本にミサイルが落ちてもアメリカ本土に落ちたわけではないので、武力行使に出るとは考えにくいですよね。

もちろん、これが上記のアメリカ人が居る場所で被害が出た場合は別だと思いますが・・・。

 

憲法9条が日本の反撃を拒む!?

さらに北朝鮮のミサイルが日本に落ちた場合でも武力行使に出ない大きな理由としては

「憲法9条があるから」

というのが大きいです。

 

どんなものかというと

  1. 戦争放棄
  2. 戦力の不保持
  3. 交戦権の否認

というもの。

簡単に言ってしまうと

日本は戦争もしないし、戦力も持たないし、国が戦争する権利を認めないということ。

 

なので、日本はやられてもやり返さないと言われている要因となっているようです。

 

 

まとめ

連日報じられている、北朝鮮のミサイル発射実験。

幸い日本に落ちての被害はないですが、万が一落ちたときのことを考えると一刻も早くやめてほしいものです。

ですが、北朝鮮にも政治的な思惑もあり今のところミサイル発射実験をやめる気配がないのが実情。

なので今回は北朝鮮が日本に落ちたらどうなるのか?

ということを主題にまとめてみました。

 

簡単にまとめると

  • 日本にミサイルが落ちる場合は「Jアラート」が発令する
  • Jアラート発令からミサイル着弾まで
  • 最短で5分~8分程度
  • Jアラートを聞いたら地下に真っ先に逃げる
  • 地下鉄、地下駐車場、地下のフロアに避難が有効
  • 日本のミサイル迎撃は現状では難しい
  • ミサイルが落ちるのはアメリカ軍がいる場所か、都心部が濃厚

ということですね!

そもそも北朝鮮からのミサイルが日本に落ちないことが一番なのですがどうなるのかが不明瞭なところ。

万が一の際は少しでも生存率を上げれるように適切な行動をとりたいものです。

 

スポンサードリンク

 

以上

北朝鮮ミサイルが日本に落ちたら避難はどこが正解?生き残るにはコレ!

でした、最後までお付き合いありがとうございました。


1477926128qb2l_yne8ay4osl1477926127

Pocket

-お役立ち