ニュース

取り調べで意識不明ネパール人の名前や顔画像や家族は居るの?

ネパール人男性が話題になっています。

なぜネパール人が?

調べてみると、どうやら取調中に留置場で暴れたようです。

 

逮捕された腹いせに怒り散らしたのでしょうか?

しかしそれだけで終わりません。

見かねた警察が拘束具を付けて2時間ほど経過すると意識不明になり命を落としたそうです。

なぜそんなことが?

 

気になるのは、その取り調べで意識不明ネパール人男性のこと。

名前や顔画像や家族は居るの?

 

調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

意識不明のネパール人の名前や顔画像や家族は居るの?

ニュースなどを見ていてビックリしました。

 

逮捕されて暴れるとはよっぽど納得がいかなかったんでしょうね。

 

早速ネットの情報などで取り調べで意識不明になったネパール人の名前や顔画像や家族について調べてみました。

しかし、情報は

  • ネパール人の男性
  • 39歳

くらいしか見つかりませんでした。

 

なぜ?

逮捕されたのに?

 

また顔画像や家族なども気になりますよね。

ネパールから単身で日本に来ていたのか、日本で生まれ育ったのか。

家族はいるのかどうか、これらは何一つ公表されていないようです。

 

また何か情報がわかりましたら追記していきます。

 

スポンサードリンク

 

ネパール人はなぜ暴れ意識を失ったの?

この事件は、ネパール人男性が他人名義のクレジットカードを使用して逮捕されたことが発端。

警察に逮捕されたネパール人男性は、取り調べを受けることになりますがそこで大暴れ!

 

他人に危害を加えるかもしれないと危惧したのか、警察はネパール人男性の拘束具を付けます。

 

拘束具ってなんだろう?

ネットで調べてみると、ドラマ?でこのような場面がありました。

出典・まとめNAVER

 

この感じでは確かに身動きが取れ無さそうですね。

でもそこまできつそうというわけでなく、単に

「動けなくする」

というのがメインのようです。

 

しかし、この拘束具をネパール人男性に付けた所2時間後に意識不明に陥りそのまま帰らぬ人となったそうです。

 

現在警察がその状況を調べているようです。

 

一体何が起きたのでしょうか?

調べてみると気になる情報がありました。

拘束されると異常に興奮して交感神経が過活動となりアドレナリンやノルアドレナリンなどが過剰に放出される場合があります。

これらの物質は運動した時などに心臓を刺激して適切に血流を増やすために必要ですが、過剰に放出されると心臓に障害を与えることがあります。

時には不整脈などを誘発して心停止を起こすこともあります。

逮捕した時に暴れて押さえつけた途端に意識不明になるケースはアドレナリンやノルアドレナリンの過剰分泌が関係している可能性があります。

逮捕時や取り調べ中に暴行があったかのように疑われますが、拘束するだけでもショック死する可能性は否定できません。

なるほど、アドレナリンの過剰分泌による弊害の可能性ってのはわかりませんでした。

ニュースを見る限りでは警察は適切な処置をしたように感じられます。

 

果たして、真相は何なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

まとめ

逮捕され、取り調べで暴れたことにより拘束具を付けられた結果、意識不明になったネパール人男性。

原因は極度の興奮状態によるアドレナリンの分泌による弊害ではないか?

とされています。

 

また、このネパール人男性の名前や顔画像や家族については公表されていないので、今後追記していきます。

 

興奮しすぎると自分の持明を縮めることに繋がるかもしれませんね・・・。

 

スポンサードリンク

 

以上

取り調べで意識不明ネパール人の名前や顔画像や家族は居るの?

でした、最後までお付き合いありがとうございました。



1477926128qb2l_yne8ay4osl1477926127
スポンサードリンク

-ニュース