台風

台風5号2017最新進路7月27日予想!沖縄や米軍・ヨーロッパは?

2017/07/28

Pocket

7月も終わりに近づきますが、日々気になるニュースと言えば台風ではないでしょうか?

もうすでに7月に入って7つ目の台風が発生。

 

7月中に7個というのはなんと23年ぶりの事なんだそうです。

8月ももしかしたら台風ラッシュになるのかも・・・。

少しでも被害などが少ないといいのですが。

 

現在台風5号と9号が発生していますが、今回は台風5号の最新進路予想を

米軍・ヨーロッパ・気象庁と、細かく見ていこうと思います。

 

台風9号についてはこちらに詳細をまとめていますのでチェックしてみて下さい!

関連記事

 

スポンサードリンク

 

 2017年台風5号最新進路予想7月27日~8月1日 「米軍」

まずは米軍合同台風警報センターの台風5号の最新進路予想を見てみましょう!

はじめに注意したいのは、米軍の発表している時間より

+9時間で計算して下さい。

 

どういう事かというと

「26/12z」となっていたら26日の12時ということなので、日本時間では+9時間後の26日21時ということになります。

 

それを踏まえた上で、現在台風5号が一体どのようになっているのかというと、このようになっています。

出典・米軍合同台風警報センター

 

なんだかクネクネしているのが気になりますね!

右にある黒点は、過去に台風5号が通ってきた道を示しています。

 

何だか円を描いたりして落ち着かない雰囲気になっていますね!

詳細を触れていきます。

 

2017年7月27日 15時 「米軍」

27日15時の段階では、台風5号は少しだけ西へ移動するようです。

この段階ではまだ日本はかなり遠いので影響は少なそうです。

 

2017年7月28日 03時 「米軍」

28日の夜中3時にはそのまま同じく西へ平行移動する感じの進路予想になっています。

ただ、15時には進路はやや南西に進み始めるようです。

 

2017年7月29日 03時 「米軍」

29日の朝3時にはドンドン南西に進む予想になっています。

このまま行けば本州から遠ざかる感じになりそうかも?

 

2017年7月30日 03時 「米軍」

30日の3時にはさらに南西へ。

なんだかこのまま大きな円を描くのではないか?

という感じにも見えますね。

なんとも不気味な動きです。

 

2017年7月31日 03時 「米軍」

31日3時にはすっかり進路は南に反れていく予想になっています。

 

2017年8月1日 03時 「米軍」

さらに台風5号は南へ移動する予想に。

この感じでは本州に影響が無さそうですが、実は南西には台風9号が居ます。

 

台風9号と台風5号が近づくのは29日か30日頃。

もしかしたら何かしら干渉する可能性も考えられます。

進路も急激に変わるかもしれませんね。

 

台風5号の米軍予想進路をまとめると

  • このままの進路では本州に影響は無さそう
  • 米軍予想では進路は今後南に向かうと予想されている
  • ただ、近くには台風9号もあるので干渉する可能性がある

ということ。

どのような動きをするのかわからないので、ニュースなどでチェックを忘れないようにしたいものです。

 

ちなみに、干渉についてはニュースでもこのように報じられていました!

 

 

2017年台風5号最新進路予想7月27日~31日 「ヨーロッパ」

続いてはヨーロッパ中期予報センターの最新進路予想をまとめてみます。

こちらも米軍と同じく+9時間で計算してみました。

 

2017年7月27日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

ヨーロッパのもので見ると台風5号は日本のすぐ東にあるように見えます。

とは言え、かなり遠い位置にあるので干渉は無さそうです。

 

2017年7月28日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

28日の21時には南西に移動すると進路予想が出ています。

こちらでも日本から遠ざかっていますね。

 

2017年7月29日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

29日21時でも更に南へ台風5号は移動。

やはりグルグルと円を描くのでしょうか?

 

2017年7月30日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

30日の21時にはさらに南へ移動。

もしかしたらこのまま日本への影響がないまま遠ざかるかも!?

 

2017年7月31日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

最後は31日21時。

少しだけ南西に近づいたような気がしますね。

 

とはいえ、なんだか台風5号はそのまま日本に影響がないまま消えていく可能性もありそうです。

 

スポンサードリンク

 

2017年台風5号最新進路予想7月27日~31日 「気象庁」

ラストは気象庁の発表している台風5号の最新進路予想を調べてみました。

どのようになっているのでしょうか?

 

出典・気象庁

 

2017年7月27日 03時 「気象庁」

27日の朝3時にはかなり東の沖を移動している台風5号。

今までの移動の軌跡が不気味ですね。

 

2017年7月28日 03時 「気象庁」

そのままほぼ平行に西へ移動するとの予想。

この段階では少しずつ日本に近づいていますね。

 

2017年7月29日 03時 「気象庁」

ここから急に台風5号の進路は南西へと向かい始めます。

これも台風9号の影響でしょうか?

 

2017年7月30日 03時 「気象庁」

30日の3時には更に南西へ移動。

どんどん日本から遠ざかっているように見えます。

やはり米軍やヨーロッパと同じ進路予想になりそうですね。

 

2017年7月31日 03時 「気象庁」

31日の3時になっても台風5号は南西に移動を続けています。

このまま日本から遠ざかり続けてほしいものですね!

 

気象庁は別の進路予想の画像を発表しています。

こちらも合わせてどうぞ。

出典・気象庁

 

こちらの方が台風5号の進路予想が見やすいですね!

ちなみに、円が大きくなっているのは暴風域ではなく、進路がこの間で推移するということです。

なので進路は随時変わっていく可能性があるので、もしかしたら急に日本へ台風5号が向かってくるという可能性も十分考えられます。

 

ニュースをマメにチェックしたいですね!

 

 

台風5号で沖縄への影響はあるの?

多くの方が台風で気にすることと言えば、沖縄への影響。

仕事やレジャーで行かれる方はやはり気になってしまいますよね。

 

在わかっているのは、29日の15時頃に小笠原近海に達するということ。

それ以外で今のところ沖縄への影響は無さそうです。

 

とはいえ、別の台風9号が沖縄に影響がありそうなのでそちらもチェックしたいものです。

関連記事

 

 

台風5号の強さはどんな感じなの?

台風5号について、現在わかっていることをまとめてみます。

 

名称:NORU(ノルー)

強さ:強い

存在地域:日本のはるか東

進行方向、速さ:西北西、30km/h

中心気圧:970hPa

最大風速:中心付近で35m/s

となっています。

予想では、時間が経っても台風5号の勢力はそこまで弱まらないので北日本から西日本の太平洋側はうねりを伴った高波に注意が必要です。

 

さらに、台風5号の特徴としては予報円の大きさ!

上でも少し触れましたが円の大きさは暴風域ではなく円の間で進路が推移するということ。

大きな円が描かれているので、今回の台風5号の動きは中々読みづらいようです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

現在、日本の東側に発生している台風5号。

進路が読みにくく今後はどのような進路を取るのかが気になるところですね!

 

米軍・ヨーロッパの予想では日本から遠ざかっていくような進路予想になっていますが、それもどこまであてになるかはわからないもの。

こまめにニュースなどをチェックするのが良さそうですね。

 

また、台風9号も発生していて29日や30日あたりに近づくことになるのでもしかしたら何かしら干渉するかもしれません。

局地的な大雨なども考えられますので、注意が必要かも!

 

また新たに台風5号の情報が入りましたら更新していきます。

 

関連記事

 

スポンサードリンク

 

以上

台風5号2017最新進路7月27日予想!沖縄や米軍・ヨーロッパは?

でした、最後までお付き合いありがとうございました。


1477926128qb2l_yne8ay4osl1477926127

スポンサードリンク

Pocket

-台風