台風

台風5号2017最新ヨーロッパ!進路予想は日本へ?【7月31日】

2017/08/01

Pocket

2017年7月に発生した台風5号。

31日の最終日になった現在でもまだまだ勢力を拡大しながらフラフラと移動をしています。

元々は小笠原諸島の周辺をグルグル(文字通り本当に回っていた)移動していました。

 

ですが!

7月の後半に入り、最新進路予想を見てみるとなんと日本に向き始めているではないですか!

いくらフラフラしているとはいえ日本に向かうとなるとやはり不安になりますね。

 

気になるのはその台風5号の最新進路予想!

米軍・ヨーロッパ・気象庁と有名どころの最新進路予想と、台風5号の勢力は今後どうなっていくのか?

2017年7月31日朝6時現在の情報をまとめてきます!

台風5号の最新記事

 

スポンサードリンク

 

2017年台風5号最新進路予想7月31日~8月4日 「米軍」

まずはハワイに設置されている米軍合同台風警報センターから発表されている最新進路予想から。

先日の段階でも日本へ進路を向けるという予想が見られた台風5号。

 

7月31日ではどのような進路予想になっているのでしょうか?

時間はアメリカの時間なので+9時間を加味して計算しています。

 

出典・米軍合同台風警報センター

 

やはり先日と同じく真っすぐ日本本州へ向かっているように見えてしまいます。

また進路が変わってほしいのですが・・・。

 

詳しく解説していきます!

 

2017年7月31日 09時 「米軍」

 

31日21時、進路が西に向き始めています。

移動のスピードもかなり遅く見えます。

先日は南に向いていたのに・・・。

 

2017年7月31日 21時 「米軍」

 

31日21時、台風5号の進路は北西に向いています。

向きを変えている感じに見えますね。

 

2017年8月1日 09時 「米軍」

8月1日9時、8月に入ったのですが台風5号の進路は北北西に向いています。

このルートの時点で本州のどこかに台風5号は上陸しそうな感じに見えますね。

 

2017年8月1日 21時 「米軍」

1日21時、すっかり進路は北に!

この進路のまま行くと関東辺りに上陸しそうです。

 

2017年8月2日 21時 「米軍」

2日21時、さらに北へ台風5号は移動を続けます。

ほぼ真北に進み続けていますね。

 

2017年8月3日 21時 「米軍」

3日21時、相変わらず北に進路を取り続ける台風5号。

この辺りからどこかに違う方向に進路がそれてほしいのですがそうはいかないようですね・・・。

 

2017年8月4日 21時 「米軍」

4日21時、まだまだ真っすぐ本州に向けて進む進路予想の台風5号。

果たしてこのまま本州へ上陸してしまうのでしょうか?

 

米軍最新進路予想ではここまで。

やはり真っすぐに本州へ向かうという台風5号の進路予想が立てられています。

8月4日というと金曜日、週末はどうなるのでしょうか?

 

もう少し先の進路予想は、ヨーロッパ中期予想センターの方で解説します。

 

 

2017年台風5号最新進路予想7月31日~8月8日 「ヨーロッパ」

次はヨーロッパ中期予想センターから発表されている台風5号について。

最新進路予想を、7月31日から8月8日というちょっと長いスパンでまとめてみました。

 

こちらも米軍予想と同じく、+9時間で計算しています。

 

台風5号の進路予想が少しわかりにくい部分があるので、まずはアニメーションで見てみましょう!

出典・ヨーロッパ中期予想センター

 

8月に入ってからの台風5号はヨーロッパ予想ではグイグイ来ていますね。

やはり進路予想を見てみると、8月6日辺りから日本に近づく形になりそうです。

 

ただ、こちらの予想はコンピュータによる中期予想、翌日には進路予想が大幅に変わっている可能性も大いにあり得ます。

とはいえ、8月8日には北海道にまで台風5号が移動するという進路予想はビックリしてしまいます!

 

詳しく1枚づつ触れていきます☆

 

2017年7月31日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

小笠原諸島の南西に位置する台風5号。

7月31日21時の段階ではまだ南西に移動していますね。

 

2017年8月1日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

8月1日21時、ここでは西に進路を取り始めています。

この進路予想は米軍と同じですね!

 

2017年8月2日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

8月2日21時、台風5号はさらに北に進路を取っています。

勢力も少し増しているようにも見受けられます。

 

2017年8月3日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

8月3日21時、さらに北に進む台風5号。

こちらも米軍予想とほぼ同じ感じ。

 

2017年8月4日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

8月4日21時、まだまだ北へ進む台風5号。

勢力は3日よりは弱くなっているようにも見えるかも?

 

2017年8月5日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

8月5日21時、さらに本州へ近づく予想になっています。

この頃には雨雲などの影響が大きく出そうですね。

 

2017年8月6日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

6日21時、本州の広い地域に台風5号の影響をかなり受けそう。

天候はどうなるのか?ニュースなどをこまめにチェックしたいところ。

 

2017年8月7日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

7日21時、ヨーロッパの予想では、関東の東側を通過する進路予想になっています。

実際こうならないといいのですが・・・。

 

2017年8月8日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予想センター

8日21時、スピードがかなり上がるのか東北や北海道に台風5号が移動しています。

ここまでくるとどのような被害が出るのか心配ですね。

 

ヨーロッパの最新進路予想を見てみると、8月7日8日辺りに日本へ接近する見込みになっています。

とはいえ、うえでも触れましたがこのヨーロッパ予想はそこまで信ぴょう性が高いものではないです。

 

また明日も台風5号の最新進路を追っていきます。

 

スポンサードリンク

 

2017年台風5号最新進路予想7月31日~8月3日 「気象庁」

最後は日本人に馴染みの深い気象庁から発表されている台風5号の最新進路予想について触れていきます。

気象庁の発表では(7月31日6時現在)8月3日まで台風5号の進路予想が発表されています。

 

一体どのようになっているのでしょうか?

画像を見てみましょう!

出典・気象庁

 

ユラユラと南西に向かっていた台風5号ですが、やはり進路が急に北に向いてますね!

日ごとの詳細をまとめていきます。

 

2017年7月31日 15時 「気象庁」

7月31日15時、この段階でユラユラ不審な動きをしていた台風5号は南から西の方に進路を変更しつつあります。

何があったのでしょうか(´・ω・`)

 

2017年8月1日 03時 「気象庁」

8月1日3時、進路はさらに北西に。

勢力も強くなっているのが気がかりなところです。

 

2017年8月2日 03時 「気象庁」

2日3時、ゆっくりと台風5号は北北西に向いています。

まだまだ勢力は落ちていないようですね。

 

2017年8月3日 03時 「気象庁」

3日3時、北に進路を取る予想の台風5号。

米軍やヨーロッパの予想と比べると振り幅がかなり広そうですね。

もしかしたら本州から外れていく可能性もあるのでしょうか!?

 

 

台風5号の勢力は今後どうなる?

本州へ接近する進路予想が立てられている台風5号。

米軍やヨーロッパや気象庁の最新進路予想を見比べてみましたが、まだまだ本州へ接近するのか怪しい部分がありそうですね。

 

接近するに伴って気になるのは台風5号の勢力!

どのように推移していくのか。

データとともにまとめてみました。

 

2017年7月31日6時現在

名称:NORU(ノルー)

大きさ:---

強さ:非常に強い

存在地域:小笠原近海進行方向

速さ:西、ゆっくり

中心気圧:950hPa

最大風速:中心付近で45m/s

気が付けば強さが「非常に強い」になっていますね!

この前までは「強い」だったような気がしたのですが(´・ω・`)

 

では今後台風5号の勢力はどのようになっていくのか?

現状発表されている情報はというと!

2017年7月31日15時

中心気圧 940hPa

中心付近の最大風速 45m/s(90kt)

31日の15時には少し勢力が増していますね。

 

2017年8月1日03時

中心気圧 940hPa

中心付近の最大風速 45m/s(90kt)

8月1日にはまだ勢力はキープされたままですね。

 

2017年8月2日03時

中心気圧 940hPa

中心付近の最大風速 45m/s(90kt)

2日も同じく勢力は変わらず。

少しくらい弱くなってくれてもいいのに・・・。

 

2017年8月3日03時

中心気圧 950hPa

中心付近の最大風速 45m/s(90kt)

3日にはやっと少しだけ弱くなるようですね!

とはいっても、まだ「非常に強い」勢力なので注意が必要ですが。

 

 

台風5号は長寿命?

この台風5号ですが、長い間観測されていますよね。

実は台風5号は発生してから10日目に入りました。

長いですね!

 

ちなみに、最長は1986年の台風14号で19日と6時間!

コレと比べてしまうと台風5号の寿命はまだまだに見えますが、今後の進路予想を見ると寿命はしばらく延びそうですね。

 

 

台風5号は日本へ上陸する?

これも何とも言えませんね。

調べてみると、上陸するような気配があるのはヨーロッパの予想。

ですが、この予想は期間が長いため信ぴょう性が低いというのが残念なところ。

 

気象庁の予想も8月2日までの進路予想しか発表していませんがその進路もかなりあいまいな感じです。

なので、毎日台風5号の進路予想をチェックしていくのが一番得策かと思います。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

台風5号の進路予想では北に進み、本州に向かう予想になっています。

ただ、あくまで予想なので今後どうなるのかまだわからないといったところ。

 

これからも台風5号の最新情報を毎日追っていきます!

本州に台風5号が到達しないように願っています(´・ω・`)

関連記事

 

スポンサードリンク

 

以上

台風5号2017最新ヨーロッパ!進路予想は日本へ?【7月31日】

でした、最後までお付き合いありがとうございました。


1477926128qb2l_yne8ay4osl1477926127

スポンサードリンク

Pocket

-台風