台風

台風5号2017最新進路ヨーロッパ予想!関東に上陸は?8月7日!

Pocket

現在九州に上陸している台風5号。

大きな影響が出ていますね。

今年の台風はかなり数が多そうで心配になってしまいます(´・ω・`)

 

また、最新進路予想を見てみると日本を縦断していくようなルートを通るようです。

今回はそんな現在猛威を振るっている台風5号の最新進路を米軍・ヨーロッパ・気象庁から発表されている情報をまとめていきます。

 

一体今後、台風5号はどのような進路予想になっているのでしょうか?

この情報は2017年8月7日9時の情報です。

 

スポンサードリンク

 

2017年台風5号最新進路予想8月7日~8月10日 「米軍」

まずは米軍進路予想から!

正式名称は「米軍合同台風警報センター」。

ハワイに設置してある施設です。

 

ここの時間はアメリカ時間になっているので、+9時間を加味して記載していきます。

 

では米軍最新進路予想では台風5号はどのような進路になっているのかというと!

出典・米軍合同台風警報センター

 

ここから出ている情報を読み取っていきます。

 

2017年8月7日 03時 「米軍」

8月7日3時、ここでは四国の南西に台風5号は位置しています。

このままで進路を北東に取っていますね。

 

2017年8月7日 21時 「米軍」

7日21時、四国の南を移動していき21時には四国の東に台風5号は位置しています。

近畿地方や四国に大きな影響がありそうですね。

 

2017年8月8日 03時 「米軍」

8日3時、この時間には中部に進路を取るとの予想、

愛知県の西部辺りに移動しているとの事ですね。

本当に日本を縦断しているように見えます。

 

2017年8月8日 21時 「米軍」

8日21時、さらに北東に移動をする台風5号。

この時間には群馬県辺りでしょうか?

関東に大きな影響が出そうです。

 

2017年8月9日 03時 「米軍」

9日3時、台風5号はそのまま関東を東に進路を取り始めます。

東京埼玉の近くを通りながら茨城県の東に位置しています。

 

2017年8月10日 03時 「米軍」

10日3時、この頃には関東や本州を抜け海に出ています。

ここではもう大きな影響はなさそうですね。

 

先日までは日本海側に抜けるという進路予想だったのですが、日によって変わっていきますね。

とはいえこれからも進路が変わるかもしれないので注意は必要ですね。

しかし関東に進むとは・・・、影響がないといいんですが。

 

 

2017年台風5号最新進路予想8月7日~8月10日 「ヨーロッパ」

続いてはヨーロッパ中期予報センターから発表されている台風5号の最新進路予想です。

こちらも+9時間の時差がありますので、加味していきます。

 

また、非常に見づらい部分があるのでアニメーションでチェックしていきます。

出典・ヨーロッパ中期予報センター

 

これを見ると、ヨーロッパ進路予想も米軍予想と近いですね。

7日21時に中部地方に移動しています。

その後は関東を抜け、やはりこちらも海に出るような進路予想ですね。

 

気になるのは、9日には台風5号はかなり弱くなっています。

もしかしたら関東に上陸するころには台風じゃなくなっているのかも?

 

台風5号の勢力に関しては下で詳しく触れていきますね!

 

スポンサードリンク

 

2017年台風5号最新進路予想8月7日~8月10日 「気象庁」

最後は連日ニュースで報じられている気象庁の台風5号の最新進路予想です。

どのような情報が発表されているのかというと、このようになっています。

 

出典・気象庁

 

パッと見た感じ、ヨーロッパや米軍の進路予想と大きく違うように見えますね。

詳しく触れていきます!

 

2017年8月7日 18時 「気象庁」

現在四国の南西に位置していますが、8月7日18時には大阪あたりに進路を取っています。

先日よりもかなりスピードが上がってますね!

 

2017年8月8日 06時 「気象庁」

8日6時、台風5号は中部に進行するとの予想。

この時点では他の予想とは大きな差は無いですね。

 

2017年8月9日 03時 「気象庁」

9日3時、ここに来てヨーロッパや米軍進路予想と大きく変わっていますね。

見た感じでは新潟辺りに進んでいるように見えます。

このルートだと本当に日本を縦断するような感じに見えます。

 

2017年8月10日 03時 「気象庁」

10日3時には東北を通過し、北海道にも差し掛かろうとしています。

ヨーロッパや米軍予想では太平洋側に抜けていく予想だったのですがかなり違いますね。

 

一体どうなっていくのか?

台風5号の進路予想には北上するのと太平洋側に抜けていくのと何パターンも進路予想があるという事でしょうか。

また明日も最新進路予想を追っていきます!

 

 

台風5号の勢力はどうなるの?

気になるのは現在の台風5号の勢力。

気象庁から発表されている台風5号のデータはというと。

名称:NORU(ノルー)

大きさ:---

強さ:---

存在地域:室戸岬の南西約70km

進行方向、速さ:北東、20km/h

中心気圧:975hPa

最大風速:中心付近で30m/s

先日までは「非常に強い」という勢力だったのですが、今は「強い」ですら無い状況ですね。

 

ではどのように勢力が変わっていくのかというと、日に日に弱っていく予想になっています。

そして、10日には温帯低気圧に変わる予想になっています。

 

温帯低気圧に変われば大きな影響も少なくなるかもしれませんね!

 

 

台風5号は関東に上陸する?

ここまで台風5号の最新進路予想を米軍・ヨーロッパ・気象庁と見てきました。

 

気になるのは今後、台風5号が関東に上陸するのかですよね。

見ていくと

米軍・ヨーロッパの予想では関東を抜け、太平洋側に抜ける予想。

気象庁予想では関東の西を抜けて北陸へ抜けるという予想。

となっているので、このまま台風5号が関東に進むというのは確率が半々に見えますが気象庁は日本の台風予想に特化しているので気象庁の進路予想の方が信用できるという印象です。

 

なので、個人的には高確率で関西の横を通過して東北に抜けるのでは?

と見ています。

 

 

 

台風5号の影響は?

最後に台風5号の影響はどのような影響があるのか?

発表されている情報ではこのようになっています。

 

出典・https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1705.html

 

やはり多くの地域で大量の雨が降るようですね。

特に四国や近畿や東海地方では400~500ミリという豪雨になりそうです。

 

気象庁からは土砂災害や河川の氾濫や、高潮による浸水を注意するように呼び掛けています。

また風もかなり強くなるようなので外出する際は注意が必要です。

 

また、今回の台風5号は動きが遅いようです。

動きが遅いとなると、同じ場所に雨雲がかかり続ける。

そうなると四国・近畿・東海に記録的な大雨に繋がるとも気象庁は発表しています。

 

台風5号の動画もあるのでチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

現在日本に影響を与えている台風5号の最新進路予想をまとめてみました。

やはり日本全土に大きな影響がありそうです。

こまめにニュースなどをチェックして、出かける際は気を付けるようにしたいものです。

 

スポンサードリンク

 

以上

台風5号2017最新進路ヨーロッパ予想!関東に上陸はいつ?

でした、最後までお付き合いありがとうございました。

Pocket

-台風