台風

台風9号2017最新進路予想7月27日!米軍・ヨーロッパ・気象庁

Pocket

2017年は台風が多く発生しそうな予感がしていますね。

ニュースでも連日台風の情報が飛び交っていて何だか8月以降も不安になってしまいます(´・ω・`)

 

そしてフィリピンの東に居た熱帯低気圧(台風9号のたまご)が正式に台風9号に成長しました。

名前はNESAT(ネサット)という名前のようですね!

聞きなれない言葉ですが、どこかの地名なのでしょうか?

 

台風9号の発生はニュースでも報じられています。

 

さて、そんな台風9号ですが気になるのは進路!

今回は7月27日午前5時頃現在の台風9号の最新進路を米軍・ヨーロッパ・気象庁と順に3日後辺りまでの情報をまとめてみました!

 

台風5号の進路予想もまとめてみましたのでこちらも合わせてどうぞ!

関連記事

 

スポンサードリンク

 

2017年台風9号最新進路予想7月27日~31日 「米軍」

初めは米軍合同台風警報センターの情報はどのようになっているのか。

チェックしてみましょう!

 

出典・米軍合同台風警報センター

 

ちょっと読みにくいので説明しますと、アメリカでは時差があり

実際は+9時間で計算することになります。

ここから台風9号のコースを読み取ると

 

2017年7月27日 21時 「米軍」

フィリピンの東に位置する台風9号は、27日中に少しだけ進路を北西に進んでいます。

見た感じではギリギリ沖縄は暴風県内に入らない感じに見えますね。

 

2017年7月28日 21時 「米軍」

28日は台風9号は進路をさらに北西に進み、フィリピンの北東に到着。

ここでもなんとか沖縄に暴風域はかからないようです。

 

2017年7月29日 21時 「米軍」

29日になると台湾の東側に接近、暴風域に入ります。

なので29日辺りに台湾へ渡航する方や、台湾から出発される方は飛行機の運行状況などを注意が必要になりそうですね。

 

2017年7月30日 21時 「米軍」

30日には台風9号は台湾を横切る形で通過していきます。

ここまでに勢力が弱まっているといいのですが・・・。

 

2017年7月31日 21時 「米軍」

31日には台湾を抜け中国へ台風9号は移動すると予想されています。

勢力も30日までは強くなっているようですが、何処まで衰えるか気になります。

 

米軍による台風9号の最新進路予想を見ると

  • 現在フィリピンの東にいる台風9号は北西に進み、フィリピンへ向かう
  • 沖縄は暴風圏に入らないっぽい
  • 台湾を通過後、31日には中国へ上陸する見込み

という事です。

 

2017年台風9号最新進路予想7月27日~31日 「ヨーロッパ」

続いてはヨーロッパ中期センターによる台風9号の最新進路予想を追っていきます。

こちらも米軍と同じく、+9時間を足して計算します。

 

2017年7月27日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期センター

米軍と同じく、27日ではフィリピンの東に位置しています。

そんなに米軍進路予想との差は無さそうです。

 

2017年7月28日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期センター

28日21時には台風9号は台湾の南東に移動しています。

これも米軍の進路予想通りですね。

 

2017年7月29日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期センター

29日になると勢力が弱まる予想になっています。

勢力を表す色がだいぶ薄くなっています。

でも東からは台風5号の不気味な影が・・・。

 

2017年7月30日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期センター

30日21時には台湾に台風9号が上陸!

位置的には台北あたりでしょうか?

どのような勢力なのか気になりますね。

 

2017年7月31日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期センター

台風9号はそのまま台湾を通過し、北西へ進んだ後31日には中国大陸へ入るようです。

しかし気になるのは台風5号。

干渉して局地的な雨などが降らないといいのですが(´・ω・`)

 

スポンサードリンク

 

2017年台風9号最新進路予想7月27日~31日 「気象庁」

最後に、日本の気象庁が発表している台風9号の最新進路予想をまとめてみました。

 

出典・気象庁

 

2017年7月27日 03時 「気象庁」

朝3時の段階では台風9号は、フィリピンの北東。

台湾の南東辺りを位置しています。

 

 

2017年7月28日 03時 「気象庁」

27日からやや北西に進んだ感じになっています。

ほぼ米軍やヨーロッパの進路予想と同じですね!

 

2017年7月29日 03時 「気象庁」

29日には少しルートが西寄りになり、台湾へ近づき始めます。

暴風域は小さいのでやはり沖縄には影響は少ないのかもしれませんね。

 

2017年7月30日 03時 「気象庁」

30日の朝3時頃には台湾のすぐ南東に移動しています。

米軍やヨーロッパの予想では21時に上陸していたので、ほぼ予想通りの進路です。

 

2017年7月31日 03時 「気象庁」

31日の3時には台湾を抜け、北西の中国大陸へ上陸します。

他の進路予想と一緒ですね。

 

また、別の気象庁予想進路ではこのようになっています。

出典・気象庁

 

台風9号の強さはどんな感じ?

現在発表されている台風9号の強さなどのデータを調べてみるとこのようになっています。

 

名称:NESAT(ネサット)

存在地域:フィリピンの東

進行方向、速さ:北北西、10km/h

中心気圧:996hPa

最大風速:中心付近で20m/s

 

ちなみに、今勢力を増している台風5号はというと

名称:NORU(ノルー)

強さ:強い

存在地域:日本のはるか東

進行方向、速さ:西北西、30km/h

中心気圧:970hPa

最大風速:中心付近で35m/s

ということに。

 

台風9号は、強さについて何もなかったのですが、台風5号は「強い」となっています。

進路的にも台風9号はそこまで日本に影響が無さそうですが、台湾やフィリピンには影響がありそうなので渡航される方は注意が必要ですね。

 

 

とはいえ、気象庁から発表があり

「9号は勢力を強めながら北上して30日から31日ごろに沖縄に接近すると予想され、注意が必要。」

としています、沖縄付近の方は警戒するに越したことは無さそうです。

 

台風9号と5号の詳しい話もニュースでまとめられていました。

この予想では台風9号は沖縄方面に行きそうなのですが、上でお伝えしたものが最新ですのでそちらのほうが信憑性が高そうです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

熱帯低気圧から台風9号に成長して、フィリピンの東を移動しています。

米軍・ヨーロッパ・気象庁と全ての進路予想を見てもほぼ同じ動きをしています。

まとめると

  • 30日、31日辺りで沖縄に注意が必要
  • 30日に台湾に上陸する見込み
  • 31日には台湾を抜け、中国大陸へ

となっています。

ただ、勢力が今後どのようになるのかは読めないので注意が必要です。

 

局地的な雨も降る可能性があるので、天気予報はしっかりチェックしたいものですね!

 

また、台風5号も不穏な動きを見せているのでこちらも合わせてチェックしてみて下さい(*´ω`*)

関連記事

 

スポンサードリンク

 

以上

台風9号2017最新進路予想7月27日!米軍・ヨーロッパ・気象庁

でした、最後までお付き合いありがとうございました。


1477926128qb2l_yne8ay4osl1477926127

スポンサードリンク

Pocket

-台風