台風

台風9号2017米軍最新進路予想7月28日!沖縄へどんな影響が?

Pocket

現在台湾の南東を移動している台風9号。

ニュースなどを見ていると沖縄の横を通過するようにも見えるので、どんな影響があるのでしょうか?

7月28日現在、どのような進路を取るのか。

米軍最新進路予想などを基に詳しく台風9号がどうなるのかまとめてみました!

 

太平洋側では台風5号も不穏な動きを見せています。

こちらも最新情報をまとめてみました!

関連記事

 

スポンサードリンク

 

2017年台風9号最新進路予想7月28日~8月1日 「米軍」

まずはハワイにある米軍合同台風警報センターから発表されている台風9号の最新進路予想を見ていきましょう!

 

時間はアメリカ時間になっているので、+9時間を足して計算しました。

なので画像の数字と9時間違うのですが気にしないでください。

 

出典・米軍合同台風警報センター

 

この画像から台風9号の進路を読み取っていきます。

 

2017年7月28日 15時 「米軍」

わかりやすく図面上で言うと台湾の南東(右下)、フィリピンの北東(右上)に台風9号がいるという形ですね。

この位置で既に沖縄の石垣島に近づき始めています。

 

2017年7月29日 03時 「米軍」

さらに台風9号は北西に移動。

台湾に近づき始めます。

もちろんそれは沖縄の石垣島へ近くなることを意味します。

 

2017年7月29日 15時 「米軍」

この時がおそらく一番石垣島に台風9号が近くなる時間ですね。

沖縄にも影響が出る可能性が高いので、ニュースなどでしっかり確認したいものです。

 

2017年7月30日 03時 「米軍」

昨日の予想では台湾の上側を通過する進路予想でしたが、少し南にずれて台湾の真ん中あたりに上陸しそうです。

この時には沖縄から離れています。

 

2017年7月31日 03時 「米軍」

台湾を通過し、中国大陸に向けて進むと予想されています。

ここまでくると沖縄に影響は少なそうですね!

 

2017年8月1日 03時 「米軍」

完全に中国へ台風9号は上陸します。

気になるのはそのまま北上しているという事。

どこまで移動するのか気になるところですね!

 

米軍の7月28日発表の最新進路予想をまとめると

  • 29日夜から30日にかけて辺りが一番沖縄の石垣島に近づく
  • 台湾を縦断し中国へ進む予想

ということに。

 

 

2017年台風9号最新進路予想7月28日~8月1日 「ヨーロッパ」

米軍だけでなくヨーロッパ中期予報センターの台風9号の最新進路予想をまとめてみます。

ヨーロッパも+9時間を足して計算していきます。

 

 

2017年7月28日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予報センター

米軍と同じく台湾の南東に台風9号は位置しています。

ここまでは変わりないですね。

 

2017年7月29日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予報センター

29日の21時には台湾に接近します。

ヨーロッパの進路予想だと台風の形が分かりにくいですね・・・。

 

2017年7月30日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予報センター

30日21時には台湾を抜けたか抜けてないかくらいですね!

ほぼ米軍進路予想と同じ動きです。

 

2017年7月31日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予報センター

31日21時には中国大陸に差し掛かろうとしています。

予想通りの動きということでしょうか。

 

2017年8月1日 21時 「ヨーロッパ」

出典・ヨーロッパ中期予報センター

8月1日には完全に中国を北へ移動しています。

この時にはまだ台風なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

2017年台風9号最新進路予想7月28日~8月1日 「気象庁」

最後は日本の気象庁から7月28日現在発表されている台風9号の最新進路予想です。

 

出典・気象庁

 

2017年7月28日 03時 「気象庁」

米軍やヨーロッパと同じ場所に台風9号はいますね。

ここまでは同じです。

 

2017年7月29日 03時 「気象庁」

少し北西に移動。

このあたりから沖縄の石垣島に近づき始めます。

 

2017年7月30日 03時 「気象庁」

台風9号は台湾に上陸。

沖縄からは遠ざかっています。

 

2017年7月31日 03時 「気象庁」

他の予想と同じく、台風9号は中国へと向かいます。

ただ、円が大きいのでこの範囲内でどのように動くのか心配ではありますね。

 

2017年8月1日 03時 「気象庁」

気象庁発表ではもう8月1日ではどこにいるのかわからない状態になっています(笑)

 

もう一つ、気象庁から発表されている台風9号の最新進路予想図を見てみましょう。

出典・気象庁

 

こちらの進路予想でも進路はほぼ変わらないですね!

他よりも若干まっすぐに進んでいるように見える程度でしょうか?

 

 

台風9号は沖縄にどのような影響がある?

まずは台風9号のデータをチェックしてみましょう!

 

名称:NESAT(ネサット)

存在地域:フィリピンの東進行

方向、速さ:北北西、15km/h

中心気圧:985hPa

最大風速:中心付近で30m/s

 

強さのレベルの表示がないので台風9号は比較的弱い部類に入るということでしょうか?

 

では沖縄の影響はどうでしょうか。

気象庁の発表を簡単にまとめてみると

  • 28日15時には沖縄の南に到達する
  • 29日(土)から30日(日)にかけて沖縄の宮古・八重山地方に接近する
  • 30日15時には台湾に上陸する
  • 台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要

との事です。

沖縄の方は急な天気の変化などに注意したほうがよさそうです。

また海がしけているので近づくのは危険そうですね。

 

また、台湾を直撃する進路予想ですので夏休みの旅行などを計画されている方はしっかりと交通機関の情報を確認するのが間違いなさそうです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

7月28日朝7時30分現在の台風9号の最新進路予想を米軍・ヨーロッパ・気象庁と順に触れていきました。

日本本州には大きな影響はなさそうですが、沖縄の石垣島などの先進諸島は注意が必要そうです。

 

2018年はまだまだ台風が発生しそうですね。

何事もないといいのですが・・・(+_+)

 

台風の関連記事はこちら!

 

スポンサードリンク

 

以上

台風9号2017米軍最新進路予想7月28日!沖縄へどんな影響が?

でした、最後までお付き合いありがとうございました。


1477926128qb2l_yne8ay4osl1477926127

スポンサードリンク

Pocket

-台風