健康

卵は健康に良い5つの理由!こんな効果があるの知ってました?【保存版】

2017/08/09

Pocket

今や私たちの生活に欠かせない食材の卵!

美味しい上に安くてついついいっぱい食べちゃいます(*^^*)

 

ゆで卵だったり、目玉焼きだったり、スクランブルエッグだったり。

はたまた、他の料理と混ぜて使ったりと幅広い用途に使えるのも魅力的ですよね♪

 

しかしながら卵を嫌う方も居るようです。

その理由としましては

  • コレステロールが高い
  • サルモネラ菌が怖い

という声が大半のようです。

 

しかしながら、最近卵の健康パワーが注目されているようです!

 

今回は卵の健康パワーについて!

5つの効果があるって知ってましたか?

 

行ってみましょう!!

 



 

卵の都市伝説

出典・http://o-dan.net/ja/

 

卵って体にいいんですよ♪

とは言っても様々な要因で卵を食べないようにしている方も居ます。

順に追っていきます!!!

 

卵とコレステロールの間違い

「コレステロールが高いからなぁ」

そういって、あまり卵を食べない方もいらっしゃるようです。

 

そんな私の親も

「卵はコレステロールが高いから1日一個までだよ!」

と言われて育ったものです。

 

しかしながら

卵を食べることに寄ってコレステロールが上がるというのは人間には該当しないようです。

 

この1日卵は1つまでというのは、戦後物資などが不足していた時代。

卵は貴重品でした。

そのため、卵を珍重するあまり1日卵は1つまでという迷信が生まれたようですね。

 

現在では、卵からコレステロールを摂取しても、血中コレステロール値に影響しないどころか、細胞膜や脂肪の消化に必要な胆汁酸の生成を助けるなど「絆創膏」のような役割もしているという研究結果がわかってきています。

 

卵のコレステロールを悪も扱いしていちゃ勿体無い!!

 

 

サルモネラ菌の間違い

まずは、サルモネラ菌がどういうものかを理解しましょう!

サルモネラ菌は食中毒を引き起こす菌の1種。

 

詳しくは

  • 発育温度は10℃以上
  • 特に20℃以上になると繁殖力がアップ
  • 37℃までサルモネラ菌は繁殖する

ということ。

 

サルモネラ菌の食中毒を起こすと、48時間以内に症状が発症します。

  • 悪寒
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 39℃以上の発熱

といった症状が出ます。

免疫力の低い子供やお年寄りが感染すると重症化することも稀にあるようです。

 

とはいえ、このサルモネラ菌の対策は簡単。

「十分な加熱で死滅する」

ということ、普段料理で白身が固まったり黄身が固まったりするくらい熱すれば大体はOKのようです。

具体的な時間を知りたい方には

75℃で1分間以上、または65℃で5分間以上加熱するというのが目安。

 

さらに、元々スーパーなどで売っている卵は食品衛生法に基づき

「出荷前に消毒・殺菌されているのがほとんど」

このため、冷温で適切に管理をして賞味期限内に食べる分の卵はほぼサルモネラ菌の心配はないということです。

 

 

卵が体にいい5つの理由!

出典・http://o-dan.net/ja/

 

上で卵についての間違いがちな部分を説明しました。

 

それを踏まえた上で、卵の健康に良い理由について触れていきます!

どんな効果があるのか、必見ですよ!!

 

 

卵の健康パワー1、コリンがスゴい!!

コリンという成分はあまり聞かない名前ですよね。

でも卵に含まれるコリンはスゴいんです!

 

コリンの効果は主に脳に働きかけます。

どういった効果があるのかというと、

脳や細胞膜の修復・構成を促進してくれる。

というスゴいもの!

 

具体的に言うと、コリン単体だけで用を成すわけではなく

「アセチルコリン」

という神経伝達物質を生成することで上記の効果が得られます。

 

逆に、アセチルコリンが不足してしまうと

  • 学習能力の低下
  • 記憶障害

これらの原因の一つに成り得るのだそうです。

 

なので、卵を食べるということは

コリンを摂取 → アセチルコリンが生成される → 記憶力や脳の成長を促す 

ということなんです!

 

しかも、卵に含まれるコリンは大豆の約3倍もコリンが含まれています。

しかも卵のコリンは食品の中で最も吸収されやすい特徴があります。

研究では、コリンとビタミンB12をあわせて摂取すると認知症の改善に効果があるということもわかっています。

 

 

ここで、オススメしたいのが

「妊婦さん・授乳婦さん」

というのも、アセチルコリンは体内や母乳を通じて赤ちゃんに送られてしまい、不足がちになるそうです。

なので、妊婦さんや産後間もないママは卵を積極的に摂取しましょう♪

 

マヨネーズで有名なキューピーもこんなものを作っているんですね!

→ http://kewpie.blueflag.co.jp/lp/n_choline001_02/?track_cd=WAA022

 

 

卵の健康パワー2、ビタミン・ミネラルなどの栄養のバランスが良い!

卵の栄養素としてビタミンだけでも

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ルテイン
  • ビタミンB12
  • ビタミンB6
  • ビタミンB2

が、バランスよく含まれています。

それだけではなく、他の栄養素でも

  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • オメガ3脂肪酸

などのミネラルがが含まれています。

 

特筆すべきはオメガ3脂肪酸!

なんと生活習慣病やダイエットにも欠かせない物質なのです。

オメガ3脂肪酸の効果は

  • コレステロールを下げる
  • 中性脂肪を下げる
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化・心筋梗塞予防

などなど、数多くの効果があります。

卵で手軽に摂取できちゃうのは嬉しいですよね☆

 

業界トップのオメガ3脂肪酸配合量のこちらも良いですよ!

→ http://kentosara.jp/

 



 

卵の健康パワー3、骨・髪・爪を強くする!

卵には骨や髪や爪を強くする成分が多く含まれています。

 

「骨」に関しては

卵に含まれるカルシウムが役に立ってくれるのと、紫外線を浴びることで体内にビタミンDが生成されます。

また、爪、髪、骨、歯などもまとめて丈夫にした上、細胞を活性化させる働きや抗酸化作用を持っています。

 

「髪・爪」に関しては

動物性のタンパク質や、ビタミンA、ビタミンH、鉄、上でも触れたビタミンDが活躍してくれます。

さらに、卵に含まれる亜鉛は現代人に不足しがちな要素!

 

亜鉛が不足すると、倦怠感や、疲れが取れない、男としての元気がない等の症状が出てしまうことも(´・ω・`)

更に亜鉛には、爪や髪や皮膚の新陳代謝を促してくれる効果も期待できますよ!

 

特に男性は自信を取り戻すには亜鉛が重要と言われています。

60000人以上に利用されているあるこちらも凄いですね。

→ http://thegold-shop2.jp/gold/index.html

 

卵の健康パワー4、目に良い!

意外ですが、卵は目にも良いんです!

「疲れ目には生卵を飲むと良い」

という昔からの言葉もあるくらいです。

 

実際のところ、卵は目にも良い物質がたくさん含まれています。

特に

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ルテイン

これらが大きな役割を果たしてくれます。

 

ビタミンAは目の角膜や周辺筋肉の生成に大きく関わっています。

 

ビタミンBは新陳代謝を活発にする役割があります。

目の疲労の原因の一つに、代謝が悪いというものが有ります。

目の細胞は古いままだと疲労が蓄積しやすくなり疲れやすくなってしまうそうです。

そこに、ビタミンBが大きな効果を果たしてくれます。

 

ルテインは最近注目を集めている成分です。

目薬にもルテインを含む目薬やサプリメントが増えていますよね!

見かけた方も多いんじゃないでしょうか?

 

ルテインは天然のサングラスとも呼ばれていて、青色光をカットしてくれる役割を果たします。

また、加齢によって起こりやすい白内障の発症率をされてくれるようです。

 

卵のルテインの特徴は。緑黄色野菜よりも体内への吸収率が高いこと。

とことん卵は目に役立つ食材なんですね!

 

ルテインを補給するにはこんなサプリもあります。

→ あなたのショボショボなんとかします。大桃美代子さんのお勧めサプリ

 

 

卵の健康パワー5、ダイエットにも良い!

卵、実はダイエットにも良いんです!

なんだか卵が万能な食材に感じてきましたね(笑)

 

現代人に多い症状の、メタボリックシンドローム。

その特徴は、中性脂肪が高く善玉コレステロールが少ないこと。

 

ところが!

卵に含まれるコリンはなんと中性脂肪の量を調節してくれます。

しかも、炭水化物がほぼ無いので内臓脂肪を増やすこともないんです。

 

他には。卵を食べると少量なのにお腹がいっぱいになりますよね。

ゆで卵で食べると特にその感覚がわかるかと思います。

最近では研究が進み、朝卵を食べると日中お腹が空きにくくなることがわかっています。

さらに、元々卵自体は低カロリー食材。

朝卵を2つ食べたって、カロリーは控えめです。

 

参考に、ゆで卵1つのカロリーは

約91キロカロリー

2つ食べてもご飯とおかずなどに比べて少ないのがわかりますね!

 

まだまだ卵のダイエット効果は続きます。

卵に含まれるオメガ3脂肪酸。

このオメガ3脂肪酸を摂取して運動をするとなんと、脂肪の燃焼が促進されるという結果が出ています!

 

こうしたことから、卵はダイエットにも効果があるんですよ♪

 

ダイエットと言えばアーティストのGacktさんのような体系が欲しい人にはこんなサプリもありますね。

→ Gacktも愛用のメタルマッスルHMB
 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

卵が健康に良い5つの理由をお届けしました。

卵のパワーを改めて実感できたのではないでしょうか。

 

私も卵を毎朝食べるようにしてから何だか体調が良くなった気がします♪

これからも卵パワーで健康を目指しちゃいましょう\(^o^)/

 

 

あ、もちろん、卵が体に良いからって食べ過ぎは禁物ですよ!

ドラマや漫画であるように、生卵を何個もグビグビ飲むのは返って体に逆効果。

何事も程々が一番ということですね!

 


 

以上

卵は健康に良い5つの理由!こんな効果があるの知ってました?【保存版】

でした、最後までお付き合いありがとうございました。

Pocket

-健康